シミウスとビーグレンは何が違う?オススメはどっち?

美白ケアに興味のある方なら、シミウスやビーグレンを知っているという方も多いのではないでしょうか?どちらも口コミで評判になっている商品ですが、一体どんな違いがあるのでしょうか?

 

 

→シミウスってどんな商品?詳しくはこちらをチェック


シミウスとビーグレンの違いとは?

シミウスもビーグレンも、どちらも美白効果が高いことで有名な化粧品です。でも、使い方や機能は全然違うんですよ。シミウスは化粧水やクリーム、美容液などの1つで10役を兼ねるオールインワンジェルです。

 

洗顔後やお風呂上がりも、これ一つでスキンケアが完了します。さらにマッサージクリームとしても機能も備えているんです。むくみ防止やリフトアップのために毎日マッサージしているという方も多いんですよ。

 

しかもマッサージにより美容成分が浸透しやすくなり、さらなる美白効果が期待できます。伸びがよく肌に浸透しやすいジェルは、化粧下地としてもオススメです。

 

 

一方、ビーグレンは特定のアイテムの名前ではなく、メーカーとブランドの名前です。美白に特化したアイテムやエイジングケア効果が期待できるアイテムなど、アイテムごとに特徴があります。

 

ただし、洗顔料や化粧水、美容液などアイテムを一通り揃えるためにコストがかかります。仕事や子育てに忙しく、スキンケアになかなか時間をかけられないという方には時短ケアができるシミウスがおすすめです。

 

 

→シミウス使い方について詳しくはこちら

デリケートな肌におすすめなのは?

敏感肌やアトピー肌など、デリケートな肌にも安心して使えるのはどちらのアイテムなのでしょうか?シミウスは植物など自然の素材から抽出した天然成分を中心に配合しています。

 

漢方やオーガニックコスメにも使われる成分を使っているから、肌にやさしいんですよ。敏感肌の方や、肌がデリケートになりやすい妊婦さんにもリピーターが多い商品です。

 

美白成分や保湿成分のほか、抗炎症成分であるセイヨウノコギリソウエキスやグリチルリチン酸ジカリウムも配合しています。ニキビ肌やアトピー肌を改善したいという方にもおすすめの商品です。

 

ビーグレンはアイテムの一部に、ハイドロキノン誘導体を配合しています。ハイドロキノンといえば、数年前に白斑などの副作用を引き起こす成分として有名になりましたよね。

 

ハイドロキノン誘導体もハイドロキノンと似た働きを持っているものの、肌への刺激は抑えられています。現在でもさまざまな美白化粧品に使われている成分ですが、人によっては刺激や痒みを覚える場合もあります。

 

特に肌が弱い方や副作用が心配な方は避けた方が無難です。

コスパを重視するならどっちを選ぶべき?

基礎化粧品は毎日使うものだから、コスパも大事なポイントですよね、ビーグレンは肌の悩みに合わせて選べるようさまざまなアイテムが揃っています。ただし、洗顔料から美容液まで、すべてのアイテムをビーグレンで揃えると、1万円から2万円以上かかってしまいます。

 

シミウスなら一つだけでお手入れが完了するので化粧水やクリームは必要ありません。通常価格は約1カ月分(60g)で5,122円(税込)ですが、公式サイトなら20%オフの4,098円(税込)で購入できます。

 

しかもお試しコースに申し込めば、初回だけでなくずっと20%オフで手に入るんです。お試しコースを注文すると割引だけでなく、送料無料や手数料無料など、お得な特典が複数利用できます。コスパを重視するなら、ビーグレンよりもシミウスがおすすめですよ。

 

 

→お試しコースを注文するならシミウス公式サイトで

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_